文学部とは

キャンパスライフ

文学部での学生生活を紹介します。

専攻分野

文学部は4つのコースから構成され、コースごとに入学試験を行います。履修する内容は、コースによって異なり、またコースによっては、さらに細かな所属に分かれて独自のカリキュラムを履修していくことになります。ただし、各コースとも入門や基礎の授業を設け、導入教育を行っています。なお、詳しい内容は、コース説明を参考にしてください。

行動科学コース

行動科学コースは、人間の行動について異なるアプローチを取る5つの専修からなります。学生は、2年次よりこれら5つの専修に分かれて履修します。各専修への振り分けは、1年次に何回か行われる専攻志望調査結果と各専攻分野の定員を基本にして行われます。自分が志望する専攻分野とその志望理由を自らに問い、先輩や教員とじっくり相談することが大切です。2年次より、哲学認知情報科学心理学社会学文化人類学の5つの専攻分野に分かれます。

歴史学コース

歴史学は、人類の生み出した文化や社会の諸相を、変化・発展という時間軸に沿って研究する学問です。本コースでは、いままでの日本史・東洋史・西洋史・考古学・美術史といった狭い研究領域の枠組みにとらわれず、相互の方法を融合した広い視野に立つ「新しい歴史学」の獲得を目指しています。したがって学生は、特定の地域・方法・分野に偏ることなく、自己の関心に応じて授業科目を履修していき、専攻分野が自然と決まっていくという方法をとっています。

日本・ユーラシア文化コース

日本語・日本文学専修、ユーラシア言語・文化専修の2つの専修がありますが、特定の専攻分野に振り分けるという方法はとりません。学生が自主的にカリキュラムを組んで学んでいく中で、自然に専攻分野も決まっていくという方法をとっています。

国際言語文化コース

比較文化論ヨーロッパ文化論英語圏文化論言語構造論の4専修が設けられています。2年次の終わりに、学生の希望に添って各専修への所属が決定されます。

普遍科目と専門教育

千葉大学では、学部4年一貫教育を目指し、カリキュラムは大きく普遍教育科目と専門教育科目とからなり、ターム制に沿って授業科目を組み立てるようになっています。

普遍教育科目

幅広い教養と総合的な判断力を身につけ、豊かな人間性の育成を目的としたもので、英語科目、初修外国語、情報リテラシー科目、スポーツ健康科目、教養コア科目、教養展開科目などを履修します。人間と文化、現代社会と政策、人間と環境、自然と情報など広く深く学び、隣接科学や学際領域の勉強もできるようになっています。

専門科目

各自の専門領域について学び、深め、さらに発展させることを目指したもので、系統的に専門領域が深められるようになっています。

各種の専門講義のほかに原書を読んだり、文献や種々の資料にあたって行う演習や、分野によっては実験、調査実習あるいは多様な資料を分析する実習などがあります。それらは少人数に分かれてきめ細かい指導が行われます。

学生は、入学時から学部に所属し、4年間を通して普遍教育科目と専門科目を有機的に関連づけつつ学び、主体的かつ独創的に課題に取り組めるようになっています。また文学部では共通基礎科目として「人文科学の課題」、「国際交流論」などコースを横断した講義を設け、幅広い視野と専門領域の知識を十分に活かせるような工夫もなされています。

4年生、就職活動と卒業論文

多くの学生は3年生のうちにほとんどの科目の履修を終え、4年次には卒業論文を残すだけとなり、就職活動と卒業論文の作成に、あるいは進学のための勉強に力を傾けることになります。

卒業論文

大部の卒業論文をまとめる苦しさと、まとめ終わったあとの、少し悔いを残しながらの充実感、この経験なくしては文学部の卒業生ではあり得ません。

卒論制作にあたっては担当教員による個別指導のための「卒業論文特別演習」とともに、卒論準備発表会が行われます。提出のあとにOG、OB、後輩たちの前で卒論の口頭発表をするという晴れがましい舞台も用意されています。

就職活動

景気の変動や就職活動開始時期の変更、近年では大震災の影響による求人の延期などに見られるように、人生において重要な場面でありながら、外的な不確定要素に左右されるのが就職活動です。そのようなことから、どのように就職活動に臨めば良いか思い悩む学生も多くいます。千葉大学では、就職内定者や就職した先輩の体験発表会を開催したり、外部講師を招いてエントリーシートの作成法や面接マナーに関する講座を行ったりするなど、学部および全学レベルで学生の就職活動をサポートしています。多様な価値観をもつ文学部の学生の就職活動は、いつの時代にも個性的です。大企業にも受かりながら小さな出版社をとるという人も珍しくありません。文学部で学んだことを活かし、自分で選んだ道に邁進し社会で活躍してくれることを希望しています。

そして卒業と就職が決まった卒業祝賀会では教員や仲間達と美酒で乾杯し茶菓に舌鼓を打ちつつ、めでたく社会人へ旅立たれることを願っています。

▲ PAGE TOP