教員要覧

若林明雄

若林明雄 (ワカバヤシアキオ)

  • 行動科学コース
  • 心理学専修
  • akiow@faculty.chiba-u.jp
  • 電話番号: 非公開

略歴

文学部行動科学科心理学講座・大学院人文社会科学研究科(博士前期課程)・大学院融合科学研究科 情報科学専攻 知能情報コース(博士後期課程)教授

東京都出身

1984 年 日本大学大学院文学研究科心理学専攻修了(博士 心理学)
上越教育大学助教授,千葉大学助教授を経て現職
2004 - 5 年 ケンブリッジ大学(連合王国)客員教授(実験心理学・精神医学部)
2009 – 10 年 ケンブリッジ大学(連合王国)客員教授(発達精神医学部)
2012年 グラーツ工科大学(オーストリア)客員教授(Brain Computer Interface)
2013年 フンボルト大学(ドイツ)客員教授(心理学部)
2015年 - 千葉大学子どものこころの発達研究センター教授(兼任)(行動医科学部門)

研究内容

人間の心理的な機能・属性(一般的には能力や性格などとして表れる脳の働き)の個人差の測定とそのメカニズムを解明することを行っています.現在は,主として,パーソナリティ(性格)と社会的認知能力を対象にした研究を進めています。

社会的認知能力というのは,主として人間に固有かつ不可欠な高次の認知的な働きで,他者の心的状態(感情や意図など)を正確に推論する能力を指します。この種の能力は,現時点ではコンピュータのような人工知能でも代替え不可能な複雑なものですが,人間は,この能力によって社会的な生活を送ることができるのです。私の研究室では,この能力に関わる個人差を中心に,主に実験的アプローチによって検討を行っています.最近の実験では,人の表情の判断や視線の方向の検出などを指標として,この問題にアプローチしています。また,自閉症スペクトラム,心の理論関連能力,認知スタイルなどの個人差について,パフォーマンス課題による測定を試みるとともに,生理的指標(脳波や皮膚電気抵抗など)の測定を並行して行うことで,人間がこうした社会的な認知・判断を行うときの脳内状態の変化についても検討することで,認知神経科学的なアプローチによる心理的機能のメカニズムの解明を目指しています.最近の研究結果から,これらの心的機能には胎生期における羊水中のホルモンなどの生化学物質が関わっていることが明らかにされてきており,人間の能力や性格などの個人差の基礎にある生物学的な基礎の存在が解明されつつあります。以上のように,私の研究室では,人間の心理的な働きについて,実証的な方法で明らかにすることを目指しているので,文系・理系のどちらにも限定されない問題意識を必要としています。

なお,2003年以来,自閉症スペクトラムモデルや,基本的な認知スタイルであるEmpathizing-Systemizing モデルなどに関わる研究では,ケンブリッジ大学の精神医学・実験心理学部およびその附属自閉症研究センターと共同研究を継続中です。また,認知機能の個人差と脳機能・構造との関連性についての研究では,東北大学・東北メディカル・メガバンク機構脳画像解析医学分野・瀧研究室と,自閉症スペクトラム障害の認知機能および診断法に関する研究では,獨協医科大学子どものこころ診療センターと共同研究を行っています。

(現在の専門領域:個人差心理学,心理学的測定論,認知神経科学)

主要な所属学会

American Psychological Society (APS),
American Psychological Association (APA),
European Association of Personality Psychology (EAPP),
International Society for the Study of Individual Differences (ISSID),
Society for Research in Child Development
(ISSBD),日本心理学会など

主要な研究業績

著書(共著を含む)

  • 「The Empathizing-Systemizing (E-S) Theory: beyond sex differences in cognitive style」MIT Press (In Press)
  • 「発達障害」中外医学社 2012
  • 「認知の個人差」北大路書房 2011
  • 「発達障害の臨床心理学」東京大学出版会 2010
  • 「パーソナリティとは何か:その概念と理論」培風館 2009
  • 「ソーシャルブレインズ・自己と他者を認知する脳」東京大学出版会 2009
  • 「広汎性発達障害の新しい視点と介入理論」 医学書院 2007
  • 「講座 臨床心理学3 異常心理学」 東京大学出版会 2002

研究論文

  • 2015 Is empathizing in the E-S theory similar to agreeableness? The relationship between the EQ and SQ and major personality domains. Personality and Individual Differences, 76, 88-93.
  • 2014 A sixth personality domain that is independent of the Big Five domains: The psychometric properties of the HEXACO Personality Inventory in Japanese sample. Japanese Psychological Research, 56, 211-223.
  • 2013 How are autism and schizotypy related?: Evidence from a non-clinical population. (2013) PLoS, ONE, Vol.8, Doi:10.1371.
  • 2013 Individual differences in empathizing and systemizing in Japanese children: Psychometric properties of the children’s versions of the Empathy Quotient (EQ) and Systemizing Quotient (SQ). Japanese Psychological Research, 55, 12-19.
  • 2012 The correlation between brain gray matter volume and empathizing and systemizing quotients in healthy children. (2012) NeuroImage, 60, 2035-2041.
  • 2012 Do the traits of autism-spectrum overlap with those of schizophrenia or obsessive-compulsive disorder in the general population? Research in Autism Spectrum Disorders, 6, 717-725.
  • 2012 Sex differences in two fundamental cognitive domains: Empathizing and systemizing in children and adults. Journal of Individual Differences.
  • 2011 The Motion Picture Mind-Reading Test: Measuring individual differences of social cognitive ability in a young adult population in Japan. Journal of Individual Differences, 32, 55-64.
  • 2011 Determining differences in social cognition between high-functioning autistic disorder and other pervasive developmental disorders using new advanced "mind-reading" tasks. Research in Autism Spectrum Disorders, 5, 554-561.
  • 2010 Neuropsychological approach to identifying risky driving behaviors. IEEE Intelligent Systems, 25, 91-96.
  • 2010 On relationships between digit ratio (2D:4D) and two fundamental cognitive drives, empathizing and systemizing, in Japanese sample. Personality and Individual Differences, 49, 928-931.
  • 2007 Sex differences in the relationship between cortisol levels and the Empathy and Systemizing Quotients in humans. (2007) NeuroEndocrinology Letters, 28, 445-448.
  • 2007 Psychometric properties of the Padua Inventory in a sample of Japanese University students. Personality and Individual Differences, 43, 1113-1123.
  • 2007 Empathizing and Systemizing in adults with and without Autism-Spectrum Conditions: Cross-cultural stability. Journal of Autism and Developmental Disorders, 37, 1823-1832.
  • 2007 The Autism-Spectrum Quotient (AQ) Children's version in Japan: A cross-cultural comparison. Journal of Autism and Developmental Disorders, 37, 3, 491-500
  • 2007 自閉症スペクトラム指数(AQ)児童用・日本語版の標準化:高機能自閉症・アスペルガー障害児と定型発達児による検討.心理学研究, 77, 534-540.
  • 2006 Development of short forms of the Empathy Quotient (EQ-Short) and the Systemizing Quotient (SQ-Short). Personality and Individual Differences, 41, 929-940
  • 2006 Predicting Autism Spectrum Quotient (AQ) from the Systemizing Quotient-Revised (SQ-R) and Empathy Quotient (EQ). Brain Research, 1079, 47-56
  • 2006 Are autistic traits an independent personality dimensions?: A study of the Autism-Spectrum Quotient (AQ) and the NEO-PI-R. Personality and Individual Differences, 41, 873-883.
  • 2006 The Autism-Spectrum Quotient (AQ) in Japan: A cross-cultural comparison. Journal of Autism and Developmental Disorders, 36, 2, 263-270.
  • 2006 'Autistic' traits in non-autistic Japanese populations: Relationship with personality traits and cognitive ability. Journal of Autism and Developmental Disorders, 36, 4, 553-566.
  • 2006 Empathizing-Systemizing モデルによる性差の検討:Empathizing 指数 (EQ) と Systemizing 指数 (SQ) による個人差の測定.心理学研究, 77, 271-277.
▲ PAGE TOP