教員要覧

山田俊輔

山田俊輔 (ヤマダシュンスケ)

  • 歴史学コース
  • 文化財学専修
  • s-yamada@chiba-u.jp
  • 電話番号: 非公開

略歴

1975年 岡山県生まれ
2008年 早稲田大学大学院文学研究科史学(考古学)専攻 博士後期課程単位取得退学
2010年 博士(文学) 早稲田大学

研究内容

日本の古墳時代について研究しています。古墳時代は列島の各地に存在した地域社会が統合へ向かう日本古代の国家形成期です。地域社会の統合メカニズムがどのようなものであったかを明らかにすべく、様々な考古資料の分析を通じて研究を進めています。

授業は考古学の基礎的研究法にこだわりながらも文献史学、人類学、生態学、文学など関連するさまざまな分野に目を配り、院生・学生とともに研究の新分野を切り開く場とできればと思います。

主要な所属学会

日本考古学会、日本考古学協会、考古学研究会、東北・関東前方後円墳研究会、中四国前方後円墳研究会、埴輪研究会

主要な研究業績

  • 2016年「鹿角製刀剣装具の系列」『日本考古学』42、日本考古学協会
  • 2015年「「常総の内海」をめぐる古墳時代中期社会の研究」『考古学論攷2』六一書房
  • 2015年「中期の埴輪」『考古学ジャーナル』667、ニューサイエンス社
  • 2014年「須恵器を中心とする土器祭式の系譜」『古代』133、早稲田大学考古学会
  • 2013年「東京国立博物館所蔵の鹿角製刀剣装具」『骨角器集成2』同成社
  • 2013年「遊環付環状金属製品の研究」『技術と交流の考古学』同成社
  • 2011年「毛野の埴輪」『古墳時代毛野の実像』雄山閣
  • 2010年「古墳時代中期における地域社会の変化‐吉備南部と播磨の比較から‐」『比較考古学の新地平』同成社
  • 2008年「上毛野における畿内系埴輪の地域波及と展開」『古代文化』60-1、古代学協会
  • 2008年「雄略朝期の王権と地域」『史観』158、早稲田大学史学会
  • 2007年「埴輪作者の「民族誌」-保渡田八幡塚古墳を中心に-」『埴輪研究会誌』11、埴輪研究会
  • 2007年「角杯から見たユーラシアの東西交流」『中国シルクロードの変遷』雄山閣
  • 2006年「上方作系浮彫式獣帯鏡の基礎的研究」『早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要』7
  • 2005年「古墳時代中期群集墓分析の新視角」『考古学ジャーナル』528、ニューサイエンス社
  • 2001年「東北・関東における古式群集墳の展開」『溯航』19、早稲田大学大学院文研考古談話会
▲ PAGE TOP