国際言語文化学コース|コース紹介

言語、文学、文化の多様性や国際関連性、さらにはその内部構造についての多角的・多元的な研究・教育を行っています。

国際社会で活躍するために必要な、知識と語学力を身につけることを目的にしています。言語、文学、文化の多様性や国際関連性、さらにはその内部構造についての多角的・多元的な研究・教育を行っています。

本コースは、教員組織上、比較文化論講座、文芸様態論講座、言語文化構造論講座の三つの講座によって構成されています。学生はその関心に応じて、比較文化論、ヨーロッパ文化論、英語圏文化論、言語構造論のいずれかの専修に属して履修します。

また、本コースでは、二つ以上の近代西洋語を中心とする外国語の高度な運用能力を習得することが求められています。このため、外国語を徹底的に習得するためのさまざまな授業が準備されています。

授業

今年度開講された授業については、文学部シラバス に掲載されています。

担当教員

現職教員要覧 (国際言語文化学コース) をご覧ください。

国際言語文化学コースホームページ

以下のページをご覧ください。

▲ PAGE TOP